更新履歴

生活介護サービス株式会社
〒270-0021千葉県
松戸市小金原4-25-3
電話:047-347-8859(代)
FAX:047-309-2525

グループホーム

グループホーム菜の花

コロナ禍ではありますが、感染対策をしながら気分転換を図ることも大切です。

あけぼの山農業公園にチューリップを見に行きました。

鮮やかな色のチューリップと澄み渡った青空、新鮮な空気を吸って気分転換を図ることが出来ました。

グループホームけやきの杜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3月3日は桃の節句。手作りの桜餅で、お祝いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日♡おめでとうございます。ご入居者様95歳の誕生日。
コロナ禍においてなかなか会えない家族様からのサプライズケーキ‼
最初は驚き、そのあとは笑みがこぼれ私たちも幸せな気持ちになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご家族様から届けられたバースデイケーキ♡

家族の愛を感じる特注ケーキです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染予防。

入室前は非接触センサーで体温測定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自動手指消毒で消毒も必ず行います。

ユーカリ新松戸弐番館

今回は2月、3月の行事の様子をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

節分
今年は職員の力作!かわいい鬼が登場。
鬼打ち豆は甘納豆。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひなまつり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とてもいい笑顔~♪

グループホームさざんか


おやつにみんなでホットケーキを焼いて食べました。
皆さん、自分で作って食べることに積極的です。
美味しそうな香りがしてきそうな写真も撮れました。

コロナウィルスの影響が長引いていますが、こんな風に少しでも日常生活を楽しく過ごしてまいりたいと思います。

グループホームさくら草

今回は施設での新型コロナウイルス感染予防等につきまして、
ほんの一部ですが施設内での対応状況を報告させて頂きます。

玄関先でシャットダウン出来るように設置し使用しています。

ご家族様との面会はテレビ面会で対応。

勿論、各事務所内に感染対策キットを設置しています。

東邦大学看護学生への出張講座

出張講座の内容はこちらをご覧ください。

2020年10月13日
東邦大学 健康科学部看護学科にて

看護師を志されている学生が認知症を学ぶ必須実習として、
本来なら当社も含む様々な施設への現場実習が行われる予定でしたが、
今年はコロナ禍の為特別講義という形で訪問させて頂きました。
グループホームでの認知症ケア・声掛けのポイントや、医療関係者との連携に
ついては実例も交えながら、お話しさせて頂きました。
講義の後に認知症の高齢者と接した経験がない学生さんも多数いらっしゃる中、多くのご質問を頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

・認知症の症状について軽度~重度まで受け入れ可能でしょうか?
・どんな症状(認知症)の方がいますか?また、その症状に対しどんな対応をされていますか?
・医師や看護師への報告や相談は、どんな事が多いのでしょうか?
・看取りケアについて大切にしている事はどんなことですか?
・栄養面の管理はどのようにおこなっていますか?   など・・・


 

 

 

 

 

 

 

60名以上いらっしゃった学生さん達、一人一人が様々な角度から質問され
時間をいっぱいに使い、真剣に向き合っている学生さん達に感動致しました。
近い未来、立派な看護師さんになって医療や福祉の現場で働かれる事と思います。
そんな学生さん達とテーマを共有できた事も貴重な体験でした。
私達、介護の現場も入居者様と接する中で知識や技術を向上する事や、入居者様が出すシグナルを会話や表情からだけではなく、
体調観察や身体変化など見逃さないようにしていく事が大切だという事を改めて認識する機会にもなりました。

グループホームひまわり新高根
施設長 島田 弥生  介護支援専門員 大根可奈子

グループホームユーカリ新松戸


ハロウィンパーティを開催しました。

ハロウィンって何????の
状態でしたが、皆さん楽しそうな
表情を見せてくれました

けやきの杜 秋祭り

今日は「けやきの杜・秋祭り」お昼ご飯もお祭りらしくしてみました。

ハンバーグと海老フライ‼海苔巻き稲荷に可愛いおはぎまで付いてます。みんな残さず完食してましたよ。


「箱の中身は何でしょう?」大きな箱の中はお楽しみお菓子引きの駄菓子が入っています。


「お待たせしました~けやきの杜秋祭りの始まりですよ~」祭りばやしの音楽が流れる中、気持ちもワクワクです❣


お菓子引き‼気持ちは子供の頃にタイムスリップです。


職員手作りのヨーヨー釣り。釣ったヨーヨーの番号でジュースが決まります。「クリームソーダが当たりますように」さてどうだったでしょうね。


目指せ‼ビンゴ‼これがなかなかの大盛り上がりで投球ごとに大歓声でした。

けやきの杜 おやつバイキング

今日はみんな大好き

「おやつバイキング」


ご自分でお好きなスイーツを選んでいただきました。


けやきの杜唯一のスイーツ男子は、まずはじっくりと眺めて品定めです。


「私はこれ‼最初から決めていたんです」
楽しいわね~


グループホームの入居者様たちも一緒に楽しみました。
甘いものは心を落ち着かせ幸せな気持ちにさせてくれますよね。


「お代わりしてもいいの?」「もちろん‼どうぞ~」「嬉しいわ~今度は何にしようかしら?」

楽しい会話が弾みます。

グループホームひまわり山手

グループホームひまわり山手です。
この時期は、事業所の名前でもあります ひまわり が満開になります。
ガーデニングが得意な入居者様が毎日一日何度も水をあげて下さり綺麗に咲きました。
今年は、コロナウイルスの為なかなか外出出来ませんが庭に咲く ひまわり を観て頂き少しでも元気になって頂きたいと思います。
トマトも沢山採れました。とても甘く採れたてがこんなにおいしいなんてビックリ!です。

入居者様とスタッフで協力して壁飾りを作りました。
本当は、ご家族様にも見て頂きたいところですが面会制限の為ここに載せて頂きます。

コロナウイルスの影響で今まで出来ていたことが出来なくなり新しい事を始めていくことが多くなっていますが、関係する皆さんが安らげる場所である様 山手のモットーでもあります「笑顔」と「思いやり」をもって「幸せ」を感じて頂けるよう支援していきます。